FC2ブログ

2020-04

刺激!

さて、尼崎市神社あんないのサイトの更新もしていこうと思いつつ、なかなか重い腰が上がりません。。。

そうこうしている間に、兵庫県神社庁がwebサイトを立ち上げました。
兵庫県内の神社を束ねる兵庫県神社庁が運営していますので、情報の信頼度は高いですし、
サイトの つくり も私のような素人が作っているサイトとは、レベルが違います…。
まだ未完成の部分も多いですが、「神社まめ知識」で紹介される情報量はさすがですね。
他に県内の神社案内も住所と地図から検索できます。



確か、サイト作成の案が出たのも我々 神道青年会尼崎支部と同時期で、サイトの企画が県と市で被らないかかなり不安でしたが、我々は最初に決めたサイトの方向性をブレないように、今後も進めていこうと思います。
県のサイトではできないような事に挑戦してみたいですね!

スポンサーサイト



コメント

探していました。ありがとうございます。

初めまして。市内在住のJと申します。

尼崎市神社あんないのサイト・・このようなサイトを探していましたので、出会えたことに感謝しています。

今日は節分ですね。
皆様方はさぞお忙しい1日をお過ごしのことと思います。
我が家でも豆まきの準備をして、孫達の帰宅を待っているところです。

さて、市内の神社を見せていただきますと、素盞鳴尊を御祭りしてあるところが多いですね。どのようなご縁(背景)があるのでしょうか?お勉強させていただけると幸いです。


尼崎市と素盞鳴尊

J様 コメントありがとうございます!
お孫さんと一緒に、楽しい節分を過ごされたようで何よりです。

さて、J様のおっしゃる通り、尼崎市には素盞鳴尊を祀りするお社がたくさんありますね。

祀られた理由は其々の地域によって違うと思います。

神話の中で、素盞鳴尊のご活躍は大変多く語り継がれ、その御利益も厄災除け・健康長寿・商売繁盛・子孫繁栄・縁結び・国土安全…などなど多数あります。

その素盞鳴尊のご活躍の中の一つに『八岐大蛇退治』があります。
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)は文字通りですが「8つの頭を持つ大蛇」、蛇は古来から川の化身と考えられていましたので、八岐大蛇を退治した素盞鳴尊は治水の神様として、尼崎市に多くお祀りされたと考えられます。

尼崎市の地図を見ると、西は武庫川・東は神崎川に挟まれていますね。

また、治水は農業にとって大変深い関係がありますので、農業の神として信仰が地域に根付いたのではないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinseiamagasaki.blog87.fc2.com/tb.php/20-8caee5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる